FC2ブログ
お金をかけずに一泊する!これが目標☆車中泊・バイクテント泊・DIY・改造・燃費向上・宿泊地情報・車旅行・スキー場・おすすめ道路を紹介☆あなたの車を快適に☆ハイゼットをミニアルファードに☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 最近、特に身近になったとアーシング
を「ホンダのトゥディ」に施しました!
 
アーシング
の効果はおおよそこれだけあると言われています。さてどれだけこの効果が出るでしょうか。楽しみですね!

①トルクアップ(エンジンの回転力を強める。特に低中回転域で顕著と言われる)
②レスポンスの向上(アクセルに対してエンジンの反応がよくなる)
③燃費向上(エンジン出力向上は余分なガソリン消費を減らす)
④ヘッドライトの照度向上(ライト類が明るくなる)
⑤電装品の動作の安定化と負担の軽減(電圧変動が少なくなるため、安定動作するのと同時に負担を減らす)
⑥オーディオの音質向上

ではアーシング
を始めましょう!
[実際にアーシングしました!すごい効果有!(ホンダトゥデイ)]の続きを読む
スポンサーサイト
 最近、特に身近になったとアーシングを「ホンダのトゥディ」に施しました!
 車はマイナスアースと言って(プラスの場合もあるが)ほとんどの車は、マイナス側の電線を車体を使って行っています。けれど、車のボディーはそれだけで電気抵抗が大きく、スムーズな電流が流れにくいため、効率が悪いとされています。
 そこで、マイナス側の電線をボディーに頼ることなく、直接いろいろな電装品に太い電線をつないで効率をよくしようとするのが「アーシング」です。

アーシングの効果はおおよそこれだけあると言われています。

①トルクアップ(エンジンの回転力を強める。特に低中回転域で顕著と言われる)
②レスポンスの向上(アクセルに対してエンジンの反応がよくなる)
③燃費向上(エンジン出力向上は余分なガソリン消費を減らす)
④ヘッドライトの照度向上(ライト類が明るくなる)
⑤電装品の動作の安定化と負担の軽減(電圧変動が少なくなるため、安定動作するのと同時に負担を減らす)
⑥オーディオの音質向上

ではどのようにアーシングをするのでしょうか。
[アーシングの効果]の続きを読む
いろいろ燃費のために取り付けるよりも、まずこれが大切でしょう。

①あまり回転数を上げて加速しないこと。

AT車の場合、自分で回転数をコントロールできないので、なるべく強く踏み込まないことですね。
くもくものハイゼットは5MTなので、平坦だとさっさと5速にしてなるべく低回転で走ります。

②急加速しないこと

これ、あり得ないぐらい燃費悪くなります。レガシーでは、3000回転ぐらいで普段運転できるんですが、sportモードにして走ると、簡単に6000回転ぐらい回ります。こうなってしまうと「快感」ではありますが、燃費が半分ぐらい悪くなります。あり得ません。

③急ブレーキしないこと

せっかくの進行エネルギーを殺してしまうのはもったいないです。なるべく車は「転がす」感覚を持ちましょう。ブレーキして利益があるのはプリウスの「回生ブレーキ」のみです。ちなみに回生ブレーキはバッテリーを充電してくれます。

アクセルを踏む量をなるべく減らして燃費アップ!!!!
燃費の気になる人なら、まずこのことをしないとまったく意味がないと思います。

「エンジンを回さない」けど、エンジンを回さないと車は進まないので、「最低限回す」このことです。

けど、このこと、ゆとりがないと出来ないことですよね。急いでいると速く走らないと駄目だし、後ろから車で煽られるとすぐあせって加速する人。ああ、煽る人はゆとりがないだけだと思います。抜かれるだけで「負けた気に」なるひと。ああ、これは抜かれた方が燃費的に勝ちですから。だから、アクセルを回さないために、

①早めに家を出る。
②煽られても気にしない(笑)煽る人が悪い。
③抜かれても、気にしない。

心理的な部分が重要だと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。