FC2ブログ
お金をかけずに一泊する!これが目標☆車中泊・バイクテント泊・DIY・改造・燃費向上・宿泊地情報・車旅行・スキー場・おすすめ道路を紹介☆あなたの車を快適に☆ハイゼットをミニアルファードに☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
車中泊をするよい季節となりました◎皆さんは車中泊をするとき、いったいどこでしますか?

車中泊をするときの一番の悩みどころとなります。私の場所選定の基準を書きたいと思います。

要は「安心」と「快適」が基準となります。

まず「安心」から
「周りに心配して眠れない」となれば、まったく意味がありません。周りに気にするというのは、不審者がこちらに向かってくる方向と、自分が周りの環境の「不審者」になっているかもしれないという、二つの方向です。難しい話、不審者が寄ってくることは気づきますが、自分が不審者になっている可能性があるということです。それを避けるためのポイントとして、

・暗すぎるところに止めない。(かといって明るすぎると寝れない)
・普段車のとまっていなさそうな所は止めない。(住宅地など)
・人がいないところや、犯罪の香りがする(ゴミが多いなど)の場所は止めない
・周りの見通しが悪いところでは止めない。(犯罪に気づかれないと危険)
・車のたくさん通るところには止めない。(夜の車通りが多いと危険。山道なのに多いなども危険)
・目立つところでは止めない。
・朝と夜の様子が違う場所に止めない。(仕事場に近いと、朝急変したように雰囲気が変わり、迷惑になる可能性があります)
・私有地に止めない(当たり前ですが、見極めてください)
・河原などの降雨により環境が一変しそうな場所は止めない(がけの上やがけの下なども同様です。)

次「快適」基準については

快適とは、ちゃんと寝れることです。明日の朝から元気に活動できるためにいかに快適に寝ることが出来るか、のための場所選びです。これは重要ですよね。

・トイレがある
・水場がある(朝が快適です)
・平坦である(平坦でないとちゃんと寝れません)
・コンビニ・スーパーが近い(朝食などの調達が楽です)
・ほどよく暗い場所にする。(明るすぎると寝れません*個人差有り)笑

とりあえず、くもくもの思いつく基準はこんな感じです。車中泊する場所の条件として、思いつくことを書いてみました。いろいろと他にもあると思いますが、参考にしてみてください。また、いい基準があれば教えてください。


このような本もありますので、参考にどうぞ~。
超実用!車中泊入門―クルマの中で快適に寝るためのノウハウを満載! 超実用!車中泊入門―クルマの中で快適に寝るためのノウハウを満載!
武内 隆 (2006/02)
地球丸

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
トヨタ自動車より、発表前から話題となっていた新型の
「エスティマ」が
正式発表されました。やっぱり丸っこいですw

トヨタ・エスティマといえば1990年に「天才タマゴ」のキャッチコピーでデビューした
トヨタの大型ミニバン。
今でこそトヨタのミニバン最高峰は2002年登場の「アルファード」となっていますが、それまでは「エスティマ」がトヨタ最高峰ミニバンでした。

今週発売になった新型「エスティマ」は、旧型から一新されたプラットフォームで安全性の向上に貢献しているだけではなく、様々なシートアレンジが可能になっているようです。
そのひとつが、3列目シートを床下収納出来るようにしたこと。
G系のグレードにはオプションで電動格納機能が装備でき、
それ以外のグレードも手動で3列目シートを床下に格納が可能です。

 気になる車中泊性能は、2列3列をフルフラットにして使う形になるようです。荷台を真っ平らには出来ないシートアレンジなので、フルフラットにして、シートによるでこぼこをクッションで埋めるような使い方になるでしょう。
 3列シートが床下に収納できるものの、2列目を最前列にスライドしても、足を伸ばして寝る長さはないようです。

 もちろんシートを取り去ってしまうと真っ平らの床フロアが生まれるので、取ってしまえるなら取った方がいいと思います。


一方で走行性能は?というとエンジンは2.4リッターの直列4気筒エンジン、そして3.5リッターはV型6気筒エンジンを搭載しています。
3.5リッターはなんと280馬力を発生するなど国産ミニバン最強エンジンが搭載されます。2.4リッターも170馬力とアルファードよりパワフルです。

それぐらいは要りますよね。燃費が心配ですが…。

《広告》
では、そんな「エスティマ」のリセールバリューは?

トヨタ エスティマ
新車価格:266.7万円(X 2.4リッター)
    ~367.5万円(アエラス Gパック 3.5リッター)
リセールバリュー:60%~67%

トヨタの人気ミニバンなので、リセールバリューは高いです。
しかも、エアロ付のアエラスなどが全体の中でもやや高めの
リセールバリューが期待出来ます!

購入するならエアロ付の「アエラス Gパッケージ」が
オススメです。充実装備にディスチャージヘッドライト。
エアロ付と、将来の車流通市場でも人気の要素は十分です。

ところで、クルマ乗り換えの際には「次に買う車の情報を集める」と同様に重要なのが、「今の車はいくらになるのか?」ということ。
今のクルマの売却値段から、
次のクルマの予算を検討する事が賢い乗り換え方法。
オンライン査定は無料に利用できるのでためしてください。

  あなたの愛車の価値は今いくら? 
▼ 無料愛車査定サービスはこちらから ▼
ガリバーの中古車販売
 「サブバッテリー」ってご存じでしょうか。
 サブバッテリーとは、いわゆるポータブル電源みたいなモノで、車のバッテリー以外に、もう一個積んでおく、別のバッテリーのことを指しています。特にこれといった名称がないと思いますが、色々サイトを見ていると、一般的にそう呼ばれているようです。
[サブバッテリーで広がる世界]の続きを読む
 車中泊すると言うことは、「夜を明かす」ことですよね。
快適に夜を過ごすためには、車の明かりが必要です。車の明かりにもいろいろ工夫が出来ますけど、その前にしておきたいことを言いましょう。
 車の中が明るいと、外から丸見えです。これは、車中泊を有意義に過ごすには、一番嫌なことです。問題はこんな感じ↓
[カーテンがないと車内まるみえです。。]の続きを読む
車中泊をするために、適した車の条件を考えてみます。
くもくもは大きな車である必要もないと思ってます。

車中泊で一番熱い条件って、これだと思います!

荷台がフラットになる車!!!」つまり真っ平らです。

普通に旅行で使うなら、2連泊とか当たり前になるので、絶対に真っ平らじゃないと疲れが取れません。
いすで寝るなんてことは、真っ平らを体験するともう出来ません。体が痛くなるし、地獄です。

真っ平らな車を探しましょうw


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。